目元 くぼみ アイクリーム

疲れ顔に見える目元のくぼみの原因とは?アイクリームはどうやって使う?

疲れた印象を与えてしまう目元のくぼみ。お肌が綺麗でも目元にくぼみがあるだけで5歳〜10歳は老けて見えます。光が当たると影になってしまうので、メイクではカバーしきれない部分です。

 

 

原因はまぶたの筋肉の衰え。目の疲労と加齢によるハリ不足です。目を酷使する生活を続けていると目のまわりの血行が悪くなり、凝り固まってしまいます。

 

 

パソコンやスマホの長時間使用、合わないメガネやコンタクト、慢性的な睡眠不足などで目に負担をかけたままでいるとまぶたの筋肉が衰えてしまうのです。年齢を重ねて皮下脂肪やコラーゲンが減少することでも目の周りの筋肉は衰えます。

 

 

筋肉が衰えると支えきれなくなった脂肪や皮膚が垂れ下がってまぶたが凹んでしまうのです。もともと脂肪の少ない痩せ型の人ほど加齢の影響が出やすくなります。
放置しておくと下まぶたのたるみや目の下のクマ、目が開かなくなる眼瞼下垂など深刻な症状を併発することがあるので、早めのケアをおすすめします。

 

 

目元のくぼみにはアイクリームが有効?

お家で目元のくぼみをケアするならアイクリームを使いましょう。目の周りの皮膚は薄く、普通の美容成分は浸透しにくいので目元専用のクリームを使うのがベストです。目元の保湿、たるみ、シワ、クマの改善に効果があります。

 

 

目元のくぼみを改善するために重要なのは目の周りの血行を促進し、代謝をよくすること。お風呂上がりなど毛穴が開いた状態で使うのが一般的です。アイクリームを使って目の周りを優しくマッサージすると凝り固まった老廃物の停滞を防止できます。

 

 

その際、シワにならないように指の腹を使います。下まぶたのマッサージを行う時は目尻から目頭に向かうように指を動かします。

 

 

では、どんなクリームを選べばいいのでしょうか?ハリを出すならやはりコラーゲンやヒアルロン酸が欠かせません。毎日のスキンケアにプラスすることで肌内部のコラーゲンを増やし、ハリのあるふっくらとしたまぶたを取り戻すことが期待できます。

 

 

肌の最深部まで届きにくいコラーゲンの効果を高めるMGAが配合されているものならさらに良いでしょう。

 

 

目元のくぼみ対策のまとめ

目元のくぼみの原因は目の疲れや加齢による筋肉の衰えでした。

 

老け顔に見られるだけではなく、他の症状も併発することがあるので放置せず早めにケアするのがポイントです。くぼみを改善するにはコラーゲンとMGA入りのアイクリームを使います。毎日のお風呂上がりに優しく指の腹でマッサージしましょう。目の下は目尻から目頭へ指を動かします。

 

 

アイクリームでマッサージすることで目元を保湿し、血流を改善。まぶたの若返りが期待できます。

 

 

スキンケアで使用する順番は化粧水、乳液(美容液)、アイクリーム、クリームが基本です。アイクリームは手の甲で温めて柔らかくし、上まぶたと下まぶたの数カ所に点状に置きます。

 

 

指の腹で押さえるようになじませるのがポイント。人差し指や中指では力が入り過ぎるので薬指を使うようにしましょう。気になる部分には重ね付けします。

 

 

下まぶたのキワや目尻は小ジワができやすい部分なのでしっかり重ね付けします。ツボを押す時は痛気持ちいいくらいの強さで。力を入れすぎると眼球を傷つけてしまう可能性もあるので慎重に行います。何より継続してケアしていくことが大切です。

 

 

 

>>>クマ改善のアイキララが店舗販売しているのか、知っておくべき注意点とは?

 

 

 

 

 

 

関連ページ

目の下のクマができやすい原因は…薄くする方法は?
目の下のクマができやすい原因は何なのでしょうか?また薄くする方法は?目の下のクマができやすい原因と薄くする方法について調べて見ました
目の下のくまにアイクリームが効く!?お化粧はどうする?調べてみました
目の下のくまにはアイクリームが効く?目の下のクマを隠すお化粧とは?目の下のくまに使うアイクリームの使い方とお化粧の仕方を教えます
目の下のくまが消えない原因ってあるの?治療はどうする?
目の下のクマが消えない原因ってあるの?治療法は?目の下のくまが消えない原因と治療法は一体何なのでしょうか?