目の下のくま 消えない 治療法

目の下のくまが消えない原因ってあるの?治療はどうする?

目の周りは、皮膚が薄いところです。そのため、下に流れる毛細血管の色も良く見えてしまいます。
目の下のくまもそのような血行が原因で起こるものがあります。

 

それが青ぐまです。

 

寝不足や疲れ目などが原因で、血液の流れが滞っているので、なかなか目の下のくまが消えない状態になるのです。
また茶ぐまと呼ばれるタイプもあります。
目の下は皮膚が薄いので、乾燥しがち。乾燥しやすいので、肌のハリを保ちにくく小じわもできるのです。

 

皮膚の薄いところは、かゆみが出ることもあります。
かゆみがあるとこすってしまうこともあるし、メイクを落とすときにごしごしこすることも。
摩擦などが刺激で、色素沈着することもあるのです。
色素沈着まで起こすとなかなか目の下のくまは消えない状態になります。

 

年齢を増すと目の下がくぼんできて黒ぐまを作ることもあります。
皮膚のたるみが生じ、その陰影でくまが目立つことも。
目の下のくまが、なかなか消えないのです。

 

 

目の下のくまの治療はどんなもの?

目の下のくまはなかなか改善しないこともあるので、治療を希望する人もいます。

 

治療を行う場合は、美容クリニックなどを訪れて行います。
先ず青ぐまの場合は、血行不良が原因なので、血液の循環を促すことが大切ですね。

 

目の周りに負担をかけないように、エステでフェイシャルマッサージを受けるのもいいでしょう。
また病院では血行を促進するビタミン入りのクリームが処方されることもあります。
茶ぐまの場合は美白クリームを使用して色素沈着の改善を図ります。

 

もしも色素沈着が改善しなければ、レーザーの治療も可能です。
しかし目の近い部分なので、技術の豊富な先生や病院に行くと安心です。

 

黒グマの場合は、目の下のくまが消えない中でも老化の伴う問題です。
この場合は、ヒアルロン酸を注射して皮膚のたるみを改善、ハリを持たせる治療を行うと効果的です。

 

また、余った目の下の脂肪を取り除いて目の下のくまを消えない状態を改善させることもあります。

 

 

改善方法・治療法は様々

目の下のくまはなかなか改善しないこともあるので、治療を希望する人もいます。

 

治療を行う場合は、美容クリニックなどを訪れて行います。先ず青ぐまの場合は、血行不良が原因なので、血液の循環を促すことが大切ですね。

 

目の周りに負担をかけないように、エステでフェイシャルマッサージを受けるのもいいでしょう。
また病院では血行を促進するビタミン入りのクリームが処方されることもあります。

 

茶ぐまの場合は美白クリームを使用して色素沈着の改善を図ります。
もしも色素沈着が改善しなければ、レーザーの治療も可能です。

 

しかし目の近い部分なので、技術の豊富な先生や病院に行くと安心です。

 

黒グマの場合は、目の下のくまが消えない中でも老化の伴う問題です。

 

この場合は、ヒアルロン酸を注射して皮膚のたるみを改善、ハリを持たせる治療を行うと効果的です。
また、余った目の下の脂肪を取り除いて目の下のくまを消えない状態を改善させることもあります。

 

目に下の消えないくまは、人への印象も良くないことから、女性の中でも悩みを抱えている人が多い場所です。

 

また毎日メイクをする時にどうしても見てしまうところですね。
そのためくまがあることにより、毎回ため息が出てしまう人もいるのではないでしょうか。

 

>>>クマ改善のアイキララが店舗販売しているのか、知っておくべき注意点とは?

 

 

関連ページ

目の下のクマができやすい原因は…薄くする方法は?
目の下のクマができやすい原因は何なのでしょうか?また薄くする方法は?目の下のクマができやすい原因と薄くする方法について調べて見ました
目の下のくまにアイクリームが効く!?お化粧はどうする?調べてみました
目の下のくまにはアイクリームが効く?目の下のクマを隠すお化粧とは?目の下のくまに使うアイクリームの使い方とお化粧の仕方を教えます
疲れ顔に見える目元のくぼみの原因とは?アイクリームはどうやって使う?
目元のくぼみにはアイクリームが効く?そもそも目元のくぼみの原因は何?アイクリームの使い方と原因を知ってしまいましょう